今日のエラーギン島

エラーギン島 は ユニークで自然保護のところである。 ネワ川の河口の一番北にある島で、ビッグネブカ(川)Bolshaya Nevka もミッドルネブカ(川)Srednyaya Nevka(川) と堺している。

エラーギン島の宮殿公園アンサンブルはユネスコの文化遺産。いつか王侯の御所だったが、前世紀の中頃から国立の想像と文化的のセントラルパークになった。

2012にエラーギン島は自然保護という位置になった。

今日のエラーギン島は動的に進んでいる文化的で、色々な年齢の人にとって適当なところである。

エラーギン宮殿でロシアの美術工芸の美術館もある。その美術館の一階とニ階に昔の世代の住生活の物の展覧会が行われている。(2016年の夏に改造中)公園のお客様のためにいろいろな公園歴史と宮殿についての見学がある。最近再生されたフレーリン分院に仮想舞踏会も行われている。

毎週の水曜日に «エラーギン夜»というコンサートの枠内で色々な方向の音楽が聞こえる。クラシックからジャズまで、民話からタンゴまで。

コニューセニー分院のホールにはテンポラリーの展示会がある。

サンクトペテルブルグのただ一つの芸術的なガラス美術館でレニングラード工場の芸術的なガラスの傑作と、ロシアと外国の芸術的なガラスの工匠の傑作が提示している。それにそれぞれのお客様がガラスの蒔き絵のワークショップしに来られる。

公園で一年間にたくさん文化的なイベントが行われている。例えば:

マスレニツァ、轟け!—という伝統的なロシアの文化祭。

チューリップの文化祭。— 素晴らしい春の祭り。エラーギン島に色々な咲いている花がある。

接触かある!—という社会的な文化祭。文化祭の選手は不具廃疾者サンクトペテルブルグ。

エラーギンパーク(Elagin park)ーという街頭演劇の国際の文化祭。参加する国はフランス、スペイン、ドイツ、ポランド、チェコ、オランダ、オーストラリア、エストニア、ベラルーシ、ロシア。

国際展示«景色のガラスとセラミックス» ー唯一の露天の展示に色々で軽妙で鮮烈な作品がある。

いつも週末にコニューセニー分院の前で軍のブラスバンドは偶成に奏楽する。夏に公園で閲覧室がある。色々な歳のお客様は好きな本を探し出せる。

エラーギン島の真ん中に最近再生されたカバレル分院にトボルチェスカヤダチャという子供と大人のマスタークラスが始まった。便利でちんまりとした雰囲気にマスタークラスに結集するのは簡単。選ぶ発展する発展するプログラムは三つある:音楽コース、知的コース、芸術的美的コース。チェスのマスタークラスもある。

エラーギン島の公園には色々な活動に向いている。例えば、特別なバレーボール裁判所、ローラースケート裁判所 - 夏と冬に二つの裁判所がある:1つ二つ。公園の区域に前年間、スポーツ什器を賃借できるところがある。(什器 :スケート、スキー、橇、泳ぐ什器、ローラースケート、自転車)ボートとカタマランはもう公園のオリジナルシンボルになった。

冬のとき、ボリシャヤ広場に、クリスマスツリーを回っているアイス・リンクは長年にわたって大勢のペテルブルグ人の好きな冬のアクティブな休みの場所になった。

暑い日のときすべての島を回っている池面からたらしい公園の遠近画法を見ることは素晴らしいである。公園のお客様はボートとカタマランを賃借できる。

お年寄りお客様のために公園に「ゾドロビエ」(健康の意味)クラブがある。このクラブは体の元気を保つ方法にとって優秀な手段である。毎日、公園エリアの屋外でグルップは体操している。島の西部に小さな動物公園がある。公園動物にいるトナカイ、カメルーンヤギ、羊、狐アリサ、驢馬カミラ、装飾的な鶏、コウライキジ、シチメンチョウ、ホロホロチョウなどは子供達と大人を喜ばせる。